認める | 自信タンク®PROGRAM -株式会社ayakira

やまもとあや のせきらら子育てコーチング

やまもとあや のせきらら子育てコーチング

久々にコーチング事例トーク書いてみよう

 

 

その名も

 

コーチングコーチやまもとあやせきらら子育てコーチング

*クライアント(娘達)の許可をとって掲載しています。

 

 

最近、兄弟喧嘩が多い、長女と次女。

 

あ、正確に言うと、次女と三女も

 

新学期始まった頃から、なんだか次女の余裕の無さを感じて、話をする時間を多くとってはいたんだけど、先日もなんだかイライラして、長女と喧嘩。

 

『どうしたの?』

 

そう聞くと、

 

お茶碗を洗っている長女に、スポンジ頂戴と言ったけど、今はダメって言われたから、私、無理矢理とったの

 

と、事の経緯は話してくれたものの、泣きじゃくっていて話にならない。

 

『落ち着いたら、話きかせてね。』

 

寝室でひとしきり泣いて、話をきいて欲しいと言ってきた次女

 

『何を話したいの?』

 

そうきくと、

 

 

「どうやったら、私が優しくなれるか」

 

 

フフフ

 

 

「ねぇ、ママ、どうやったら、私の自信タンクは増えるの?

 

 

それから私は、人に優しくできなかったり、悪口を言ったりした時に、実は自分の自信タンクも減っている事を説明した。

 

タンクが減っている、だから優しくできない、更に減る。

 

じゃぁ、どうやって増やそう?

 

意地悪な行動も、優しい行動も、全て自分で決めてるんだよ。

 

優しい行動が少しでもできた時に、タンクの水が増えて、また次の行動を起こす事ができる。

 

決めるのは、自分だよ。

 

どっちの行動を起こしたい?

 

「私、優しい行動したい」

 

それは、どんな行動?

 

「はいどうぞ、ってする!」

 

それは、いつから?

 

「今日!」

 

うん、もう今からできそうだね

 

いつの間にか、次女はすっかり笑顔に変わっていた。

 

 

ひとつ、ママが感じてる事言っても良いかなぁ。

 

今、毎日こうして学校に行っているだけでも、凄い事だと思うんだぁ。席に座って授業きいてるだけでも凄く頑張っているんだよ。

 

気がついてないかもしれないけど、毎日一生懸命頑張っているんだよ。

 

 

そういうと、次女の瞳から大粒の涙が...

 

 

誰だって、頑張ってる時には水が減る。

ママは、自分のタンクが減っている事に、気づいてあげる事が大事だと思うの。

 

「うん

 

何処まで分かってくれているのかは、分からないけど、なんだか次女の決意のようなものを感じた頷きだった。

 

 

子どもに期待して、ついつい『ない』をみてしまう。でも、本当の意味で子どもが変わるのは、自分がどうなりたいかが見えて、そして、認められて、自分自身を認める事ができた時。

 

最近、本当にコーチングの素晴らしさを感じてて、子どものやる気もひしひしと伝わってくる。

 

子どもの『ある』をみる為には、私のタンクが満たっている事、

 

それには、まず自分が自分の『ある』をみていなきゃ。

 

 

自己承認できないときは、他者承認してもらったって良いじゃない。

 

今日も、素敵なお友達と話できて、いっぱい満たしてもらえた山本亜矢でした

 

IMG_20170519_100332142.jpg

 

凄いぞ!わたし

凄いぞ!わたし

あかん

 

 

ヤバい

 

 

めっちゃ悟ってきた

 

 

山本亜矢です。

 

 

 

ずーっと、ずーっとね、継続ができなかった私が続けてるのが、

 

 

朝のワーク。

 

 

ありがとうのワークと共に、現在はマインドを鍛えるワークもやっております(これもかなり良い!!)

 

 

ちなみにね、私、なにやっても3日坊主なの。

 

 

特にやらなくちゃと思った事に関しては...

 

 

そう、そんな私がなんで続けられるのか、

 

 

楽しいから

 

 

幸せ感じるから

 

 

周りがどんどん幸せになっていくから

 

 

 

毎日、あるをみて生活する。

 

 

その為に、沢山の『ありがとう』を見つける。

 

 

こんなにも自分に変化があるとは思わなかった。

 

 

是非是非、気になられる方は、

 

 

朝、『ありがとう』を10個、その理由(どうしてそう思うのか)と共に書き出してみて下さい。

 

 

 

それだけで、あるがみれる様になりますよ

 

病になった私、最高説!

病になった私、最高説!

健康な身体って

有り難い!!

山本亜矢です。

本当、身にしみて感じてます。

普通に生活出来るだけで有り難い!!

この気持ち、忘れんとこう

というわけで、今日から通常運転!

早速、朝から予約していた美容院。

行ってきました。

なんせ、なかなか予約の取れない美容院なもんでね。

多少しんどくても行きますよ

いつも、行ったらなんでか元気と沢山のヒントを貰えるノブさんと、その可愛い奥様💖

もちろん、技術は世界レベル!!

移動中にバタバタ撮ったので、ちょっと乱れてのショット

急いでカットしてもらって、バタバタで咽頭炎で振り替えしてもらったCLAの日本語レッスンへ。

今日も子ども達から沢山のパワーと、愛を貰った日本語レッスンとアートレッスン

私凄い事させてもらえてるなぁと、改めて感謝した時間でした。

子ども達が成長する姿をみさせてもらえる。

本当にそれをみれると、次のレッスンのパワーになるの。

ひとりひとりの子ども達が成長しているのがみれて。

凄い才能がみえて!!

何よりも最高に楽しそうで。

もうね、それみてるだけで、病なんか吹き飛んじゃう!!

子ども達って、そんなパワーもってるよね。

子どもって、生きてるだけで、大人にパワーを与えてるんやな。

もうね、それを有り難いってみていたい。

どうこうしようっていう、大人の意識はそんなに必要じゃ無いのかも。

ありのままで、それを認めていくだけで、めちゃくちゃ凄いパワーもってるよ。

子どものアートみてて、そんなこといつも感じてます。

このチャンスを与えてくれてるCLAのコーチワーカーに感謝します。

コーチあやを作ってくれてありがとう

こんな、日常がこんなにも輝いて見える

よしよし、

病になった私も

最高やん

やりたくないも、 とことん味わったら、 やりたいに変わる!!

やりたくないも、 とことん味わったら、 やりたいに変わる!!

なつやすみ

 

ママ(からの)のしゅくだい

 

できてない

 

山本○○◯

 

 

子供部屋から長女のつぶやきが聞こえた

 

 

山本亜矢です。

 

 

そうです、うちの長女さん夏休みこれやりたい!!

 

と始まる時に、やる気充分に、自ら買ったドリル。

 

IMG_20160906_233627994.jpg

 

1ページもできないままに夏休み終〜了

 

実はね、先日その事についてふたりで話したんですよ。

 

「今の自分をどう感じているの?」

 

「うぅ〜ん、なんかできない自分嫌だなと思う」

 

「どうなったらいいの?」

 

それから長女は、沢山の想いをはきだし、

そして、ありのままを受け止めてもらえたら

どうやらスッキリした様子。

 

母も分かるよ。

 

動きたくない時、

行動にうつせない時あるある。

 

まぁ、そのときは、

そんな自分も受け止めよう。

 

 

そしたら、翌日、一気にやり始めた!!

 

 

やりたくないも、

とことん味わったら、

やりたいに変わる!!

 

 

しかもね、ママも書き出しワークで

自分の好きが見えていないのは私だった

かなり思考がスッキリよ

 

 

長女にきいて分かったのは、

 

お勉強を一緒にみて欲しいと思っているという事。

 

 

自分でできるんだけど、みて欲しい。

頑張っているのをみていて欲しい。

 

 

そうだよね。

誰だって

そうやって

自分のできるところ

頑張ったところ

認めて欲しいよね。

 

 

妙に、そう納得できたのは、自分のタンクがいっぱいだからかなぁ

私アートセラピストですが、絵の才能は、、、

最近ブログに出てくるイラスト

実は、、、

自分で、、、

描いてません

山本亜矢です。

これ、にしはらあやこさんにイラストをお願いして描いてもらったんです。

ちょっと実際の私よりも、かなりいい感じに仕上がってはおりますが、これもイラストのなせる技!!

とにかく、素敵なイラストを描かれるあやこさんは、お人柄も最高に素敵な方

初めてお会いしたときから、あやこさんのファンになっちゃいました

そんな私、

実はアートセラピストの資格を持っていて、インターナショナルスクールCLAでアートの講師をさせていただいてるんです。詳しい内容は以前の記事で

近況報告&決意表明

元々絵は大好きで、何度か絵画を習いに行ったことも、、、

実は、センスありますよって言って貰えてたんですけどね、、、

うん、イラストは苦手らしい、、、

あ、小学校の時、何度か県特選貰ったことあります

その時は、汚い水が描き上がった絵にドバーッとこぼれる事件が起きましてね。

それを拭くのに必死でポンポンと叩いていたならば、運動会の絵が最高の質感に!!

奇跡の絵は、ずーっと小学校に飾ってありました

そんな、ピンチをチャンスに変えてきた山本亜矢が、

アートセラピストになった理由、

それは、お受験絵画で子どもの絵を潰したくなかったから。

もともと、指示されて絵を書くのが大嫌いだった私、

だからそこはとても大切にしたかった。

でもね、アートセラピーの勉強しているときに、

手のない絵を描く子ども達が増えているって、

先生からお聞きして、本も借りて読んでたんです。

そしたらね、長女の絵、

沢山人を描いてるのに、

全部腕から先が無かったんですよ。

『手が無いね~』

そう聴くと、

『うん、かかなくても良いかなって、、、』

正直、その時の私はその事実を直視出来ませんでした。

思い当たるところが山程あったからです。

両手を広げて、抱っこしてと言えない娘。

母親として、こう育って欲しいという願望が強く、そうじゃない娘を受け入れられない。

今思うとね。一番受け入れられなかったのは、私自身だったんです。

自分のあるが見れなかった私、

もっと愛さなくては、

もっと優しくしなくちゃ、

もっと頑張らなくちゃ、

自分が認められなかった。

足りない部分ばかりみてた。

だから、誰かに認めて欲しかった。

タンクの水はカラカラだった。

そんな私がアートセラピーを習いながら気持ちを吐き出す方法を知り、

子育てコーチングと出会って、沢山の自分で作り上げてきた

こうなければならない

こうあるべきだ

そんな想いと向き合って、手放してきた。

そう、それを手放すのは、自分。

頑張ってるわたしを認めてなかったのは、

 

 

私だったんです。

 

私のあるをみれるようになったら、

娘はしっかり、腕も、手も描いてくれるようになりました

 

 

その時のわたしに言ってあげたい。

 

 

「もう、充分頑張ってるよ。」って

ワクワク設定ってなんじゃ?

会いたい人と会う

 

いっぱいしゃべって、心満たされてます

 

山本亜矢です。

 

じゃーん!!

 

来年の手帳届きました!!

 

お友達から薦めてもらって使いだしたCITTA手帳、千草さんの手帳講座を受けに行っても尚、他の手帳も沢山使って(疑り深くてすみませんとにかく検証好きで、、、)この手帳に戻った私

 

コーチングやってると、目標設定するじゃないですかぁ。

 

でもね、それって主婦や子どもにとってはしんどく感じることも...。

(これ、あくまでも個人的な意見です、はい。)

 

日々、目標を設定して、それに向かってステップを踏んで行く。

 

確かにゴールに向かって行っているうちは、いいんですけど、上手くいかなくなった時、自分を責めてしまう。

 

頭では上手くいかなかった要因、どうすれば上手くいくか考えればいいことは分かっているんですよ。

 

でもね、しんどいんですよ。頑張りたくないんですよ。

 

だって、もうすでに頑張っているんだもん

 

 

 

そこで、

 

目標設定

 

ワクワク設定に変える

 

 

そして、頑張らない(あ、これ私だけ??)

 

 

 

それを可能にする手帳。

 

ワクワクリストに毎月書き込んで、後は日付を入れて行く。

 

私の場合、タイトな日付を入れてしんどくなることもあったので、入れれなかったりすることも多々なのですが、、、

 

 

今日ね、友達とセッションしてて気がついたんです。

 

私、この1年で、めちゃめちゃ成長したなぁと(自画自賛なんでスルーして下さい)。

 

ワクワクリストを読み返してみると不思議といろんな事、叶ってるんですよ!!

 

もちろん、頑張ったことも沢山あります。

 

でもね、ワクワクに向かってアンテナを立てて行く。

 

そしたらね、今まで気がつかなかったことに気付けたり、沢山の情報が舞い込んで来たり、自然と自分で行動してたり。

 

やらなければならないと思ってやる行動は、しんどくなるけど、

 

やりたいと思ってたら、頑張ることなく、勝手にやってる。

 

私の場合、格安で旅行にいける方法を調べるとかね。

 

 

 

そう、何が言いたいのかと言うと、

 

1年前から始まった、私のワクワク生活。

 

振り返ってみて気がついたこと、それは、

 

 

無理して頑張るのはやめよう♪

 

 

毎日ワクワクしていられるように

 

私の好き

私のある

私のやってて心地いい

 

に目を向けて

心に余裕を持ち

まわりの人に感謝している

 

そんな自分でこれからもいたい

 

今日は最高のセッションありがとう

ポイントは『今あるものをみる』

ポイントは『今あるものをみる』

子どもと楽しむお受験ママ

山本亜矢です。

今日はひさびさにお受験ネタ。

年長の夏休みといえば、夏期講習で忙しい方も多いかもしれません。

我が家は夏期講習をとっていません。
塾の先生にもとらないんですか?って驚かれてしまいました。

もともと塾には月に2回しかいってなんです。

それは、もちろん金銭的な問題もあります。

けれども、それ以外の理由でいうと、子どもも私も楽しめるペースで行きたいんです。

甘っちょろいと思われる方もいるかもしれません。

お受験ってそんなに甘くない。

確かに私もそう思います。

厳しいお受験の世界に、あえてコーチングを使って、

いかに楽しくお受験できるか

 

そこにチャレンジしたい私がいるんです。

次女は、
「もっと塾に行きたいよ~」
と度々言っていますが、私はそれくらいで良いのかと、、、

因みに、お盆休みは、思いっきり従兄弟達と遊んだので、
後半は、引き締めてやっていきますよ!!

昨日、ふと次女とお勉強しているときに、長女のお受験の時と比べて私成長したなぁと思ったんです。

長女のときは、間違えたとこが気になってしょうがない
次に間違えないようにするために、コーチングを使って一緒に考えていました。

でもね、今は凄いなって感じる所を先に伝える自分がいるんですよ。

たとえそれが100点満点中、10点でも。

よくこれ、わかったね。
丁寧にかいてるね。
分からなくても一生懸命考えて問題に答えたね。

それから、

どこが分かりづらかったのかな?
これが分かれば、とけるね。
頑張ったね。

私自身、この声かけが出来るようになるまでには、結構時間がかかりました。

正直にいうと、今でもできないときもあります。

 

どんな風に言ったらいいか、頭の中では分かっているんだけど、ママも不安なんです。

しかもね、今までやった問題を間違えてるのをみると、イラっとくるんです。

でもね、『自信タンク理論』が自分の中で確立してからは、不思議とイライラしない。

そこに、目を向けれる自分になれたんです!!

子どもを信じて見守れるママになれたんです!!

 


しつこい?イラスト嬉しくて二度も使っちゃった。

これ、見守ってるママのイメージね。

ポイントは、

今あるものをみる

おすすめです。

”子どものことを認めてあげられないんです。”

”子どものことを認めてあげられないんです。”

忙しい時程、なぜかブログが更新できる

山本亜矢です。

 

以前の私は、子どもの評価が、自分の評価になっているような気がしていました。

 

だから、子どものお行儀が良いのは、自分の評価。

子どもが賢いのは自分の評価。

 

子どもがいう事をきいてくれてるうちは良いけど、

いう事をきいてくれなくなった時、子どもをコントロールしたくなる。

ありのままの子どもが認められない。

 

いつのまにか、条件付きでしか認められなくなってる。

 

でもね。

それって認めて欲しいのは、本当は自分なんだよね。

 

子育て頑張ってる自分だったり、

自分が幼少期に、満たされなかった気持ちであったり。

 

子どもは、1人の人間として生まれて来てくれた。

私を選んでこの世に来てくれた(この内容については、後日ブログにUPしますね)

自分自身ではないんだよ。

 

まずは、ありのままの自分を認める。

自分の酷いと思う発言も、ずるい所も、弱い所も、負けずぎらいな所も

全部『いいよ』を出してみる。

 

そしたらね

 

自分の魅力が溢れてくるよ。

いつの間にか、子どもの心を満たせるママになってるよ。

子どもの足りない所ではなく、今ある物に目がいくようになるよ。

 

今日も条件付きの認めるだった私...。

 

それを感じたら、何が伝わったら良いのか

私が大切にしたい物はなんなのか、考える時間になった。

 

条件付きの承認が悪い訳ではない。

 

ただそこには、大切な想いを伝えるチャンスがあるだけ...

モヤモヤからの脱出

モヤモヤからの脱出

抜けターーー!!

 

山本亜矢です。

 

この何日か、感情コントロールが上手くいかず...。

 

旦那にあたったり、子どもにキツく言ったり。

 

いやぁ、そういう時って自分でも分かってるんですよ。

 

自信タンクが減ってるって、

 

しかも、それは誰かに認めてもらいたいけど、結局は自分で自分を認めない限り増えない事も...。

 

 

昨日は、コーチ仲間のセッションを受けたりして、かなり自分と向き合ったのに、気になるのは自分の足りない部分...。

 

 

自分を信じきれない私...。

 

 

夏風邪がいまいちスッキリしない三女が、抱っこちゃん(時代が古いか)状態で一瞬たりとも離れてくれない。

 

家事が全くすすまない。やり始めてもすぐ中断。

 

やらなくちゃ(と思ってる)事が山ほどある。

 

 

この可愛い三女にすら、

 

「もう!!!」

 

イライラしてあたりそうになる自分...。

 

 

 

珍しく早く帰って来た旦那に、子ども達をお風呂に入ってもらって、

 

やっと、何週間ぶりかの1人で入れるお風呂。

 

よし、ここで私は自分と向き合おう。

 

意を決して、アロマキャンドルまでセッティングして、お風呂に入り始めた。

 

CUNPIC_20160705_015336.png

 

のも、つかの間...

 

「あぁ~、ママばっかりずるい~」

 

次女に見つかり、

 

更には後ろにいた三女が、私を見つけてしまい、お風呂のドアを開けたままギャン泣き

 

 

「もう、ママだって1人になりたいの!!」

 

自分と向き合うどころか、イライラは最高潮

 

 

モヤモヤの中、とにかく寝る。

 

 

寝ながらもずっと考えていた。

 

 

減ったタンクを、自分に足りないと感じさせない...

 

 

タンクが自動で満たっていくシステム

 

 

 

 

 

夜中にふと目が覚めて、ひらめいた!!!

 

 

これだー!!!

 

 

夜中の四時に、ノートに書き書き

 

 

キーワードは『ありがとう』

 

 

あぁ~、スッキリした

 

 

という訳で、

 

 

今日は、自信タンクフルフルです

 

IMG_20160705_171508895.jpg

 

 

 

 

昨日から募集開始した7月のあやキラ☆サロンは、

 

残席2名となりました。

 

今回は、自分をみたすワクワクワークを開催しますラブラブ

 

あやキラ☆サロン7月19日(火曜日)

時間 10時~12時

場所 天王寺駅 徒歩5分
(お申し込み頂いた方にお知らせ致します)
定員 6名
参加費 3000円

お申し込みはこちらから

 

失敗した時こそ自己肯定感を育むチャンス!!

失敗した時こそ自己肯定感を育むチャンス!!

またやっちまいました

山本 亜矢です。

 

 

長女が失敗をした。

お友達に借りたものを返し忘れて、迷惑をかけてしまった。

その失敗が発覚しても、すぐに謝れなかった長女。

そんな姿をみて、モヤモヤした私。

 

小言を言いながらも、

 

『謝りなさい』とは言わなかった。

 

注)あ、通常だったらもちろんその場で言います。この時は、めっちゃ仲の良い友人親子だったので、お勉強させてもらうつもりで見守らせてもらうことに。

 

 

お迎えに行った後、

 

「ママ、怒ってるしね!」

 

「うん」

 

「自分の事やのに、私、関係ないもんって顔してたよね」

 

「うん、皆の前で謝るの恥ずかしかったの...

 

「そう、恥ずかしかったら、自分が悪かったって思っても、謝らないんだね」

 

長女の目から涙が溢れてくる。

 

 

「ママが、伝えたい事はね...」

 

それから、

貸してくれたお友達の気持ち。

きちんと返してもらえなかった時の気持ち。

それでも、謝ってもらえなかったときの気持ち。

 

を伝えた。

 

「あぁ~。私、お友達の気持ち、全然気付いてなかった」

 

 

長女は泣きながら、お友達に手紙を書いていた。

 

 

そして、私はそこで、なんとなく上手くいった気になっていた。

長女に、気付けなかった人の優しさにも気付ける様に伝える事ができた。

 

分からせる事ができたと、勝手に自己満足してた。

 

 

 

翌日、友達に言われた事

 

 

「あのとき、申し訳なさそうにしてたやん。そりゃぁ、あの場ではなかなか言えんでぇ」

 

 

そう、言われても、私はまだ、私が『正しい』と思ってた。

『正しさ』を伝えたくなったとき

私の

 

「優しさが分かる子でいて欲しい」

 

という想いは、いつしか

 

「優しさの分かる子でなければならない」

 

になっていたのだ。

 

 

優しさの分かる子でないと、許せない自分になっていた事に気付いた私。

 

どんな自分も認めてもらえて初めて自己肯定感は育まれる。

 

それは、物を与えて甘やかす事とは違う。

 

どんなあなたも受け止めるよという気持ちなのだ。

 

 

失敗をした時こそ、愛を伝えるチャンス!!

 

 

どんなあなたもママは大好きだよ

 

 

沢山の『認める』があったのに、できなかったのは、

私が持ってる『正しさ』の為だったのだ。

 

ジャッジする必要なんかない。

 

ただ、失敗を受け止めてあげたかった。

 

勉強させてもらったのは、私だった。

 

 

 

そう、こんな時こそ私の失敗を、

 

私がまず自分自身を許して、認めてあげよう!

 

よくぞ気付いた私!!

 

私が大切にしている想いと、愛も両方伝えるチャンスやったやん。

 

こうして、一つ一つ自信タンク満たしていったら良いよね。

 

 

あぁ、本当に私、最高の友達に囲まれて生きてるわぁ

 

ありがとうRちゃん