怒る | 自信タンク®PROGRAM -株式会社ayakira

自分を大切に生きるということ

私は40年も生きてきて、本当の意味で自分を大切に生きるということが分かっていなかったと思う。

自分を大切に生きるということ、それは自分の気持ちを大切に扱うこと。

ネガティブな感情ならなおさらのこと、

そこに、蓋をせずにその気持ちを味わってみる。

味わった後で、自分にきいてみる。

で、私どうなりたい?

先日、次女が私の大切にしているバレッタを寝室から持って来た。

「なくならないようにそこに置いているから、あったところに置いておいてね。」

次女は、戻しにいったと思いきや、また持ってきた。

あぁ、キラキラ好きの次女は、これをもっていたいんだな、、、

(これ、私の思い込み、後から考えると聴けば良かったかな、、、)

「ひーちゃん、それはママの大切なものだから、壊れたら凄い悲しい(意を決して買ったバレッタなんだよ!!)。戻しておいてくれる?」

ちょっと口調キツメで伝えた。

ムッとしながら戻しにいく次女、、、

その後、買った靴下を片付けるようにお願いしたところ、

「かしてぇ~や!!

片手を出して、睨みながら言ってきた。
(ほんま、昔の不良少女のドラマみたいやった)

「靴下買ってもらってその態度なら、もういいです!!靴下はあなたにはあげません!!」
(どうした私めっちゃ戦ってるやん!)

泣きながら、パパとお風呂に入りに行った次女、、、

私は何に怒ってる?

汚い言葉を使う次女?

親に向かってなんやねんその態度??

折角買ってあげたのに、感謝しろよ?

いや、私は悲しいんだ

嫌な言い方をされて、悲しいんだ

自分を大切にするにはどうしたい?

次女に謝って欲しい

お風呂から上がって来た次女に、

「ママは、かして~ぇやって言われて、悲しかった。
ひーちゃんに謝って欲しい」

毅然とした態度で伝えた。

ハッとした様子で、すぐに、

「ごめんなさい

謝ってくれた。

「ありがとう、ママもバレッタ持ってきてくれていたのにごめんね

人の為になることが美徳、みんなに喜んで貰えるのが嬉しい。自分を犠牲にしてもそうした方がいい。自分一番の人ってワガママな人みたい。
そんな価値観で生きてきた私、、、。

自分を大切にできて、はじめて人を大切に出来る。むしろ、人を大切にするのは自分の為、、、いつしかそんな価値観に変わってきた。

誤解をうみそうなので追記

人の為だと思って行動をおこすと、相手にいろんな事を期待する。

自分の為だと思いながらも、どこかで相手の反応を気にしていた自分。

何をやるにしても、いつかは自分にかえってくるし、人の喜ぶ顔が私を幸せにしてくれているという感覚がある今、あぁ、全ては自分の為なんだと最近思う。

私はもう、自分の為にしか生きない

今、40にしてそんな事を感じている

子ども達にも自分の気持ちを大切に出来る人になって欲しい。

だから、私が自分の気持ちを大切にしている姿をみて欲しい。

最近、怒りの感情は、瞬時に何かの感情を飛び越えた気がする、、、

自分では気付いてないけど、飛び越えてしまった蓋をしている感情、、、

余裕のある時は、振り返って蓋を開けてみる。

そこに、どんな悲しみや、恐れがあるのかを自分にきいてみる。

その感情も私の感情、いいも、悪いもない。

それが私なのだから、、、

ありのままの私を認めてみる。

あぁ、私こんな風に感じているんだな、、、

で、私どうしたい

やってみたら、なんだか気持ちが軽くなった。

ひーちゃんも、なんだか嬉しそう。

謝るチャンスも、もしかしたら必要なのかもしれないなぁ、、、

思いつくままに語った私のつれづれでした。

最後まで読んで下さってありがとうございます

自責の念


先週、パパがお土産のたこ焼きを買って帰ってきて、皆で食べていたときの事。

パパの隣に座りたい長女と次女。

最初は次女が座っていたところを、いつの間にか長女にとられて、べそをかきはじめた次女、

すると長女が、

「ほらほら、ひーちゃん(次女)の泣き顔見て、すーちゃん(三女)が笑ってるよ

長女にからかわれた次女、

まさかとは思ったが本気で怒って、
なんと三女の前に来て、
叩くまね、、、ヘ(゚∀゚*)ノ

流石にそこは、

「STOP!

私も止めます。

怒りの鉾先をどこに向けて良いのか分からなくなった次女、、、

こんどは、私に向かって怒鳴りだした

「ママ、私のこと嫌いって言って!!
そしたら私もママの事、嫌いって言ってあげるから!!

はぁ┐( ̄ヘ ̄)┌??

はい、もうね、ここまで来たらヤクザですわ

いや、もう笑うしかないって感じやけど、本人めっちゃ本気で怒ってるんでね

ここは冷静に、ジャッジせずに事実のみを伝えていく。

「ママが今まで見えていた事を伝えても良いかなぁ?

まず、2人でパパの隣の席を取りあいしました。

さーちゃんが取りました。

取られたひーちゃんは泣きました。

そこで、さーちゃんは全然関係のないすーちゃんを話に入れてきました。

すーちゃんは、笑っただけで、ひーちゃんに叩かれそうになりました。

さぁ、笑っただけで叩かれそうになるすーちゃんのこと、どう思いますか?」

最初に泣き出したのは、長女、、、

続いて次女、、、

「すーちゃん、ごめんねー。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」

号泣、、、

大泣きしながら、すーちゃんに抱きついてくる2人、、、

「もう、いいって!」

離そうとするも、くっついて離れない2人、、、

すーちゃん、めっちゃ嫌がってるし、、、

あなたが悪いと指摘するよりも、
自分の姿を見せるのが一番効果的だと感じた瞬間でした

あぁ~も、うっとおしい!!

すーちゃんの心の叫びが聞こえてきたわ

恐るべし直球ストレート


夏場子供が大好きなアイスクリーム

最近、外袋や食べかすがゴミ箱に入れられず放置され、私のイライラがアップ

何度か注意したものの一向に改善傾向にない娘達、、、

パピコの食べかすを、いつの間にか三女がペロペロ(;°皿°)なんて事も、、、

ということで、2人に相談、、、

「ママ、アイスクリームのかすが落ちてて、すーちゃんが食べてたり、ベタベタしたりして困っているんだけど、、、」

「うーん

「次、ゴミ箱に入ってなかったらどうしよう?」

「あ、そしたらもうアイスクリームは無しってことにしよう

いやいや、自分ら、それ全く守る気無いやろう、、、( ̄_ ̄ i)

「じゃ、次の日のアイスクリームを我慢っていうのはどうかな?」

「うん、そうする

そうして決まった我が家のアイスクリームルール!

どっちか1人が忘れていても、次の日のアイスクリームは2人とも無しということで決まった。

そして、翌日、案の定、机の上に放置された袋を発見!!

「ママ、袋見つけてしまったわ(´_`。) 明日は我慢やね。」

「はーい

特に困った様子もなくルンルンでお返事(^▽^;)

そして、その翌日、、、

ただいまー!と、帰ってきて、手を洗い、

「アイス食べよっと

ルンルンで冷凍庫に向かう次女、、、

「あれ?今日は、アイスクリームない日だよね

「いいの!

でた!得意の女王様ひーちゃん!!

「昨日、袋のお片付け出来なかったから今日は我慢するルール、自分達で決めたんだよね

「今日はアイス食べたいから、いいの

「もう、それやったら何のためにルールきめたのよ!それなら今度から、ママもルール守らんでも良いんかな?」

脅しても何しても、全く聞く耳持たない次女、気持ちはアイスを食べる事のみ!!

今まさに、ハサミは袋を切ろうと開いているその瞬間!!

「待って(>_<)!!

ママはね、ひーちゃんに
ルールが守れる子に育って欲しいの(´□`。)!!

次女の手が止まった、、、。

よし、今だ!
何か言わなくちゃ!

「ありがとう、ひーちゃん!!
ママは、ひーちゃんがルール守れる人だと思ってたよ(≧▽≦)!

流石の女王様も、ここまで言われたら後にはひけない、、、

「明日は食べるからね!!」

食べるのを諦めた次女!!

「ひーちゃん、我慢出来たね。ママ嬉しいよ(*^_^*)」

思いっきりドヤ顔のひーちゃんが笑ってました。

腹が立ったり、相手に分からせようとするとき、ついつい怒ったり、脅したりしてしまう

やはり一番効くのは直球ストレートだわ!

今日も鍛えて貰ったよひーちゃん

最強の決め技!!

最強の決め技!!

わたくし、長いことブログお休みしてた分、ネタは山ほどあります

というわけで、今日は最近の私の決め技!

実家から帰ってきたあの日、そう、それにはまだ続きがありまして、、、

買い物から帰った私は、娘たちのリクエスト通りハンバーグの準備。

長女と次女がお手伝いをする!

と張り切ってくれて、それではと、ジャンケン前のルール説明(あ、これ我が家で決まったことなんだけど、この話はまた後日、、、)

ジャンケンに勝った人が、お肉を入れて混ぜるところまで、

負けた人は玉ねぎを入れて混ぜるところまで、

形をつくるのは、前回むちゃくちゃになったのでママ。

ルール説明が終わりジャンケンをして、長女が勝ったので先にお手伝い、

次に次女が玉ねぎを混ぜ始めた頃、、、

ごそごそ這いずり回る三女、、、

あれれ、なにやら摘まんでる!

って、お肉やんΣ(=°ω°=;ノ)ノ

想定外の三女の動きに焦る私、、、

「お肉はこぼしたらあかんよ!」

つい口からでてしまった言葉、、、

すると、子ども達は、

えー、私じゃない。

私でもない!

口々に言い出した。

「ごめん、ごめん、こぼれる事まで考えてなかったママの責任やわ。とりあえず、お手伝いは中止して後はママがやるね。赤ちゃんが生のお肉なんか食べたらお腹から血が出てきて大変な事になるの」

次女は納得し、お手伝いを中止、、、

がしかし、

ここに来て長女の怒りが勃発!

「私は、お手伝いしたいの!!私はちゃんと混ぜるのやってない!!」

ハァ( ̄□ ̄;)??

ヤバい、私のスイッチが入ってしまった

「最初にルール決めたよね。その通りにやったよね!やってないってどういう事??」

怒り口調の私に、

「そうじゃない!私は、、、(ノ◇≦。)」

泣いていて話にならない長女、、、

クールダウンが必要だわ

冷静な私が教えてくれた。

何に私は腹が立つ?

もう、ホンマ疲れてて、時間無いのに何言い出すの!

そうそう、時間無いときは怒った方が早いもんね

何が伝わったら良いかなぁ、、、

そう考えながら、少し落ち着いた長女のところに行った。

「ねぇ、さーちゃん(長女)、ママが止めて欲しいと言ったのは、すーちゃん(三女)の身体が危険になるからだよね。

もし、さーちゃんの身体が危険になることがあっても、ママは怒るよ。それが誰であっても怒るよ。

それはなんでだったかな?

さーちゃんと、ひーちゃんと、すーちゃんは、ママの、、、?」

たからものだから。゚(T^T)゚。

ようやく長女に笑顔が戻った。

やっぱりこの決め技!最強やな…

そう、思っていた瞬間、、、

どこからか、すすり泣く声が、、、

部屋の隅っこで、それを聞いていた
女王様ひーちゃん
泣いている((((((ノ゚⊿゚)ノ

いやぁー、常にSっぷり満載のひーちゃんだけど、ちゃんと心は育っているんやなぁ

怒ったって良い!!

昨日、今日と二度も長女にムカついた!!

昨日の怒り:

私が三女を寝かしつけているのに、なかなか寝室に来ない長女と次女、、、。

パパも帰ってきて気付けば11時( ̄□ ̄;)

「もう、11時だよ」

私にそう言われたとたん、いきなりキレる長女、、、

「もう!聞こえへんやん!!(`Δ´)」

そのまま泣きながら寝室に行った。

「は?何が?」

私は寝室に行き、理由を聴く。

「もう、トシオ(聞き流し教材)聴いてたのに、ママのせいできこえへんかったやん(`ε´)」

「はぁ??(-_-メ」

その時の私には、

『そうね、きいてたのにごめんね』

なんて、優しい言葉は浮かんで来ない。
めっちゃくちゃ、腹が立っていた。

「ほんま、いい加減にしいや、自分が寝るの遅くなってんのに、なに人にあたってんの!!」

長女は布団に横になったまま、これ見よがしに大声で泣いている。

(こういうとき、次女は要領よく黙って横で寝たふりしてるんだよね(^▽^;))

そこに追い討ちをかける私、、、

「泣くんやったら子供部屋に行き!!」

って、大声だしたら、静かになって寝た。

あぁ、私疲れてるんやわ。(´д`lll) 。
余裕無いし、、、

そう反省して私も寝た。

今日の怒り:

なかなか朝食を食べ終わらない長女に、

「はい、ご飯食べよう(・∀・)/」

と声をかけると、

「ずーーーっと、すーちゃん(三女)みてたから、ぜっんぜんご飯食べれんかった( ̄^ ̄)」

(-“”””-;)

あかん、もう無理やわ…

「ねぇ、何が言いたいの?」

「ママ、人が嫌がるような言い方をされるのが一番腹が立つんやけど、、、」

「うん、、、(_ _。)」

あぁ、イライラする、、、。

このイライラはなんで起こってるんやろ、、、

あぁ、優しい子の筈なのに、ワザと悪ぶってる感じが腹立つんや!

「ねぇ、どうしたん?」

「何が?」

「いつも、そんな言い方しないよね?」

「うん、、、」

「それ言われてママが嫌な思いするの分かってるよね。」

「うん、、、」

そのまま、待ってみるけど特に何の発言もなく登園していった、、、

久々に、二度もキレた。

私、人の気持ちが考えれない発言をしたときはめちゃくちゃ腹が立つ。

その時は怒っても良いと思ってる。

だって、腹立つもん。

怒っちゃいけないと言う人もいるかもしれないけど、それくらい嫌だということを子供に訴えても良いと思う。

誰だって、許せないことがある。

私は、人の気持ちを考えれる子に育って欲しいと強く子供に望んでいる。

だから、そうじゃ無いときは怒りをぶつける。

それが私のやり方、、、

とはいっても、

長女はきっと認めて欲しいんだろうな、、、。

日々自分が頑張っていることを、、、。

寝る前に、今日の頑張ってた事伝えたら、凄く喜んで嬉しそうに寝た。

毎日、こうやって寝せてあげたいな(*^▽^*)