ピアノ | 自信タンク®PROGRAM -株式会社ayakira

ピアノの練習でイライラした時の対処方法〜『聴く』

ピアノの練習でイライラした時の対処方法〜『聴く』

長女は年少の1月からピアノを習っています。

ピアノの練習に関しては、今まで本当にいろいろ話し合ってきました。

そんな時に使えるコーチングスキル

『聴く』

先日の場合...

「ママ、一緒にやって欲しい」

とお願いされ、練習を横についていた時の事、難しい箇所でイライラしだしていた長女。

「あぁ、ここなんの音か分からない...」

「それは、ミだよ。」

「え? どこのミ?

「ここ」

ピアノを押さえた時に。

「もう、ママがそうやって手を出すと、見えないから弾けないやん

でた、八つ当たり...

「じゃぁねぇ~

私は部屋を出てクーリングタイム

長女は泣きながら練習を続けている...。

静かになったと思ったら、いつの間にかソファで寝ていた。

目が覚めてから始まる『聴く』の時間

「今はどんなお気持ちですか?」

「練習は頑張れて良かった。」

「ふぅん、あの後も一人で練習頑張ったんだね」

「うん。でも、一人で寂しかった。」

「そっかぁ、一人で寂しかったんやぁ」

「うん。」

「じゃぁ、次はどんな練習になれたら良いと思う?」

「イライラしても我慢したら良いと思う。」

「イライラしても我慢するの?」

「うん」

「でも、それってしんどくない?」

「しんどい」

「じゃぁ、イライラした時はどうする?」

「練習を止めて、後でする」

「それ、良いアイデアだとママも思うよ。その時はママにどう伝える?」

「ママ、私イライラしてきたから休憩しても良い?って言う」

「うん、それならママも嫌な気持ちにならないと思うな。次からできそう?」

「うん、ママ大好き、ありがとう」

まぁ、それでもまたすぐに上手くいかなくなるんですけどね(^_^;)

その都度、『聴く』を続けていく事で解決策を見いだしていこうと思います😀