聴く | 株式会社ayakira

我が家の台風

我が家にも暴風、雷警報発令中

 

やまもと家の台風の目

 

(自信タンク理論家) あやです。

 

 

 

今日は、自信タンク理論家にカッコをつけておきます。

 

名乗れる程、自信ないわぁ

 

実際の台風は大きな災害なく過ぎてくれる事を祈ります。

 

 

 

ところで、我が家の台風の目は

 

本当に小さい、小さい事で劇怒り

 

 

洗濯物を畳むのが苦手な私,,,

 

正直に言うと、後回し、後回しになって、畳む前の洗濯物がカゴに山積み状態に、

 

週末や、時間のあるときに畳んでるんだけど、

 

畳んだ洗濯物を、片付けてと言った時に、片付けない(特に次女)

 

そして、しばらくすると、また畳む前の山積みの洗濯カゴに戻ってる。

 

し、か、も!

 

脱ぎ捨てたタイツなんかが、ドーナッツになって、綺麗な山の中に

 

そして、これから洗う洗濯物の山の中には、

 

確実にまだ着ていない服が入ってる

 

 

ちょっとー!!

 

 

もうね、最初に子どもの意見を聴きましょうとかないからね

 

これぞまさしく台風の目!

 

容赦なく打ち付ける

 

 

何回言うのよー!!

 

な〜んで、洗濯物ひとつまともに入れられへんの!!

※注意 原因追及して、責めても望む行動は得られません)

 

ママは、あなた達の召使いじゃないのよ!!

(完全被害妄想)

 

何回洗濯させるつもりなん!!

(正直、洗濯機回す回数はあまり変わらない)

 

 

恐れ戦いた娘は、腰を抜かして泣いている

 

 

(子ども達に何が伝わったら良いのかな)

 

 

冷静な、もうひとりの私がつぶやく...

 

 

「ママは、あなた達が洗濯物を畳んでくれたとき『わぁ、ありがとう』って喜んで片付けるよ」

 

 

「あなた達にそんな気持ちがあったら、こんな事するかなぁ?」

 

 

「洗濯してもらえる事は、当たり前の事なのかなぁ?」

 

 

そっかぁ、私は、

 

子ども達が、洗濯してもらうの当たり前だと思ってる事が悲しいんだぁ

 

私が大切にされてないと思って悲しいんだ

 

洗濯する私の事、少しでも思いやって欲しいんだ

 

子ども達に、そこに気付ける人であって欲しいんだ。

 

 

そう、私の子育てはかなりその部分を大切にしている。

 

子どもだから、言われなかったら分からない事って確実にあると思うんです。

 

 

例えば、パパがお仕事に行ってるのは誰の為かなぁ?とか

 

実家に帰った時に、おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさんが大切にしてくれるのは、とっても愛されてる事なんだよ。とか

 

習い事の先生が、あなた達に厳しく注意してくれるのはなんでだと思う?とか

 

 

子どもの目線だけではなく

 

大人からみた目線や想いを伝える事も、私は、親の務めだと思ってる。

 

 

何の為に伝えるのかと言うと

 

沢山の視点を持った子どもに育って欲しいから

 

沢山の視点を持った上で

 

沢山の愛も受けとって

 

自分で決めた行動を選択、実践出来る

 

そんな人に育って欲しいから

 

 

その為には、視点も大事だけど、自信も大事だよね

 

今日の私が育めたのは

 

怒られても立ち直れる自信かしら

 

 

そういうと、他の大人の視点は伝えてたけど、私の視点は伝えてなかったなぁ。

 

どんな想いで、家族の事をしているのか話してみよう。

 

お手伝いしてもらえたとき、どんなに大切にされてるって感じるか伝えてみよう。

 

分かってよ!じゃなくて

 

私の想いも、上手に伝えていこうと思います。

 

 

 

 

怖いことから逃げていた私

怖いものから、逃げていたのは私でした。

 

自信タンク理論家 あやです。

 

 

 

先日の台風対策で、我が家もベランダにおいていた植木鉢を部屋の中に回収、

 

といっても、もう枯れてしまったアサガオやホウセンカ。

 

そんななか、植木鉢をどうしたらいいのか、子どもに相談され

 

捨ててもいいんだったら、ゴミ袋に入れて捨ててもいいよ。

 

そんなことを言っていたら...

 

 

「なんでこんなに床ビチョビチョなん?」

 

 

旦那の声が...

 

 

植木鉢のしたから水が溢れてて、床が水浸しに...

 

 

「え?? なんで捨てるのに、水入れるん?」

 

 

怒られると思った、長女は泣いて話をしようとしない。

 

なんか、その態度に無性に腹が立つ私...

 

 

「もう、一回水入れたら、生き返るかなぁと思ったんじゃないの?!

 

 

うなづく長女に、それでも怒りが抑えきれない私...

 

 

こりゃぁ、なんかあるな

 

 

異様に怒っている時は、必ずその奥になにかがある。

 

 

私は、怒られる(怖いこと)から逃げている姿をみて、腹が立つ

 

怖いことから、逃げていた自分...

 

 

 

わたしか!

 

 

あ、そういうことかぁ

 

 

 

それから、長女とのトーキングタイム

 

 

「ママも、自分で活動していくこと、本当は怖いんだ。

 

酷いこと言われるかもしれないし、自分がしんどくなることもあるかもしれない。

 

でもね、自分がしたことには責任が持てる人間でいたいんだよ。」

 

 

「うん」

 

 

「学校で、何人かで怒られることがあるとする、その時に自分がやりましたって言える子と、黙って逃げてる子。あなたならどっちがいい?」

 

 

「自分がやりましたって言える子。」

 

 

「そうだよね、その時は怒られるかもしれない。でも、自分に正直に生きてるよね。怖くても逃げずに乗り越えていける、そんな人間でママはいたいなぁ」

 

 

「うん、私もそうなる!」

 

 

「次からは、自分の口で言えそう?」

 

 

「うん、いう!」

 

 

怒りの裏には、怖れや悲しみがある。

 

 

実は、昔書いた自分のブログ読み返してたら、そんなことを思い出した。

 

怒りは、悪いことではなくて、大切な何かに気付けるチャンス!

 

 

特に子育てをしていると、そんなチャンスを沢山貰える。

 

最初はなかなか気がつきにくいけど、人に話す事でどんどん自分で気付いていける

 

 

そして、自分に正直に生きだすと、キラキラ輝いてくる。

 

 

あなたの大切なもの(心のダイヤモンド)に気付けるお手伝いいたします

もう、ひとりで頑張らなくても良いんだよ

もう、ひとりで頑張らなくても良いんだよ

ブログが相当お久しぶりになってしまいました。

 

やまもと あやです。

 

 

私、大きく心が揺さぶられた数週間を過ごしておりました。

 

長女の学校の毎週の課題。

「やってるよ」

という、娘の言葉を信じてチェックしていなかったのですが、同級生のママに教えてもらってから、テストも、作文も、実は、できていなかった事が発覚!!

テストの点数は、今までとった事無いような内容ばかり。

 

はい、結果をみない

あるをみる

 

そう言い続けている私が、あるをみる事に大変苦労しておりました

 

しかも、何度もパパと三人で話し合い、『課題を提出する』

そう娘自身が決めたのに、

やっぱり、やっていない

 

「どうして?」って、ききたくないけど、ついきいてしまったよ。

 

「お勉強は、楽しめば良いんだと思ってた。」

 

 

えーっとですね、ある意味、凄くないですか

 

楽しい事はする。

楽しくない事はやらない。

 

うん、それですね

 

 

娘よ、ありがとう!

 

「勉強させなくてはいけない」

この数週間、危うく自分がガッツリ枠にはめようとしていた事に気づかされたよ。

 

課題をさせようと思っても、忘れている。

課題が出ている事を教えてくれない。

ノートを持って帰って来ない。

 

その度に、沢山怒った。酷いことも言った。

あの手この手でやる気を引き出そうと試みた。
そして、気がつかされたのは、
楽しく勉強する!!
それに勝るものなし
それから、一緒に課題を楽しんだ。
そしたら、夢中になってやっている。
とってもワクワクしている!
「やってみてどうだった?」
「す〜っごい、楽しかったぁ こんな事ならもっと最初からしておけば良かったぁ
ガクっ
でも、フッと頭に浮かんだのは、
もしかしてこの子は、私が忙しそうにしていて、課題を一緒に手伝ってって言えなかったんじゃないのだろうか?
全部自分でしなくちゃと、頑張っていたんではないのだろうか?
そう思ったら、娘のあるが見えてきた。
朝私より早く起きて、自宅学習している。
いつも、妹達の世話を率先してやってくれる。
ピアノも、自分から練習している。
毎日、学校に遅刻せずに行っている。
すると、急に私の想いを伝えたくなった。
『もう、ひとりで頑張らなくても良いんだよ。もっとママに頼っても良いんだよ。』
それを伝えたら、娘の瞳からも、私の瞳からも大粒の涙が溢れた。
ずっとモヤモヤしてたけど、私が、自分の本当の気持ち(心のダイヤモンド)と繋がった瞬間だった。
ついつい1人で頑張りすぎてしまう長女、周りを信じて頼っても良いんだと言う事を少しずつ伝えていきたい。
そして、いつも大切な事に気がつかせてくれる娘達
ありがとう!!
IMG_20170530_124120293.jpg

やまもとあや のせきらら子育てコーチング

やまもとあや のせきらら子育てコーチング

久々にコーチング事例トーク書いてみよう

 

 

その名も

 

コーチングコーチやまもとあやせきらら子育てコーチング

*クライアント(娘達)の許可をとって掲載しています。

 

 

最近、兄弟喧嘩が多い、長女と次女。

 

あ、正確に言うと、次女と三女も

 

新学期始まった頃から、なんだか次女の余裕の無さを感じて、話をする時間を多くとってはいたんだけど、先日もなんだかイライラして、長女と喧嘩。

 

『どうしたの?』

 

そう聞くと、

 

お茶碗を洗っている長女に、スポンジ頂戴と言ったけど、今はダメって言われたから、私、無理矢理とったの

 

と、事の経緯は話してくれたものの、泣きじゃくっていて話にならない。

 

『落ち着いたら、話きかせてね。』

 

寝室でひとしきり泣いて、話をきいて欲しいと言ってきた次女

 

『何を話したいの?』

 

そうきくと、

 

 

「どうやったら、私が優しくなれるか」

 

 

フフフ

 

 

「ねぇ、ママ、どうやったら、私の自信タンクは増えるの?

 

 

それから私は、人に優しくできなかったり、悪口を言ったりした時に、実は自分の自信タンクも減っている事を説明した。

 

タンクが減っている、だから優しくできない、更に減る。

 

じゃぁ、どうやって増やそう?

 

意地悪な行動も、優しい行動も、全て自分で決めてるんだよ。

 

優しい行動が少しでもできた時に、タンクの水が増えて、また次の行動を起こす事ができる。

 

決めるのは、自分だよ。

 

どっちの行動を起こしたい?

 

「私、優しい行動したい」

 

それは、どんな行動?

 

「はいどうぞ、ってする!」

 

それは、いつから?

 

「今日!」

 

うん、もう今からできそうだね

 

いつの間にか、次女はすっかり笑顔に変わっていた。

 

 

ひとつ、ママが感じてる事言っても良いかなぁ。

 

今、毎日こうして学校に行っているだけでも、凄い事だと思うんだぁ。席に座って授業きいてるだけでも凄く頑張っているんだよ。

 

気がついてないかもしれないけど、毎日一生懸命頑張っているんだよ。

 

 

そういうと、次女の瞳から大粒の涙が...

 

 

誰だって、頑張ってる時には水が減る。

ママは、自分のタンクが減っている事に、気づいてあげる事が大事だと思うの。

 

「うん

 

何処まで分かってくれているのかは、分からないけど、なんだか次女の決意のようなものを感じた頷きだった。

 

 

子どもに期待して、ついつい『ない』をみてしまう。でも、本当の意味で子どもが変わるのは、自分がどうなりたいかが見えて、そして、認められて、自分自身を認める事ができた時。

 

最近、本当にコーチングの素晴らしさを感じてて、子どものやる気もひしひしと伝わってくる。

 

子どもの『ある』をみる為には、私のタンクが満たっている事、

 

それには、まず自分が自分の『ある』をみていなきゃ。

 

 

自己承認できないときは、他者承認してもらったって良いじゃない。

 

今日も、素敵なお友達と話できて、いっぱい満たしてもらえた山本亜矢でした

 

IMG_20170519_100332142.jpg

 

今あるものをみるためには

今あるものをみるためには

今日は九州から姪っ子が遊びにきてくれるので、ワクワクの山本亜矢です。

なんていいながら、今日は冒頭の書き出しとは、全く関係ない内容を、、、

先日、何年かぶりに夫婦喧嘩をしました。

基本、うちの旦那、感情の起伏も激しくなく、おおらかだし、喧嘩になることは殆どない。

でもね、やっぱり仕事忙し過ぎたり、やらなくちゃいけないことが山程あって、そこに私が気に障ることを言ったり、やったりすると、イライラしちゃう時もある。

なかなか、お互いの意見が噛み合わない、というか、久々にお互いの意見をぶつけあったって感じでした。

翌日も消えないモヤモヤ、、、

そこで話を聴いてもらってメンタルコーチ真本由佳ちゃんから頂いたフィードバック...

「亜矢さんが、寂しそうにみえたよ」

心に刺さりました!!

旦那の気持ちになって考えたい。

いつもみたいに、全開で好きと思っていたい。

でもね、どうしてもそう思えなかったんですよ。

旦那の立場から考えたいのにできない。

だって、自分のモヤモヤが解消されてないんだもん。

そこで、この感情に至るまでの私の想いを20個書き出してみた。

最初10個くらいはすらすらと書けるんだけど、残り10個くらいになると、心の奥底にある感情もでてくる。

そして
私の感情20個
そのまま抱きしめてみる。
味わってみる。

そしたらね、旦那の感情、想いも20個上げてみようかな、という気になれた。

 

といっても、人の感情だからね。
ほぼ妄想に近いけど、、、。

書き出しながら、いろんな感情がわいてくる。
あぁ、こんな風に私のこと思ってくれてるのかなぁ。
こんな風に腹が立ったんだろうなぁ、
ていうか、そりゃぁ、腹も立つわ(笑)

無理やり20個も、相手の気持ち考えてたら、いつの間にか許してしまってる自分に気付けた。
どうすれば良いか分かってはいても出来ない事がある。

そこには、自分の感情があるから。

喧嘩して、相手に分かって欲しいこちらの想い。

相手に対して認めて欲しいと思う気持ち。

それは、相手じゃなくてもいいんだ。

自分の感情を、自分で認めてあげることができたなら、いつもの優しい自分に戻れる。

相手の感情を大切にしたいなら

まず、自分の感情を大切にする

自分の心の声を正直にきく。

毒舌でも、悪態をついたっていい。

どんな自分だっていい。
そんな自分を丸ごと抱きしめて欲しい。

喧嘩になるって事は、相手に自分のこと認めて欲しいって思ってるんだもんね。

認めて欲しいって思ってるって事は、私の心の足りない想いを満たして欲しいって思ってるって事。

足りないところじゃなくて

 

今あるものをみるためには、

自分のありのままの気持ちを聴いてあげる必要があるんだね。

 

”子どものことを認めてあげられないんです。”

”子どものことを認めてあげられないんです。”

忙しい時程、なぜかブログが更新できる

山本亜矢です。

 

以前の私は、子どもの評価が、自分の評価になっているような気がしていました。

 

だから、子どものお行儀が良いのは、自分の評価。

子どもが賢いのは自分の評価。

 

子どもがいう事をきいてくれてるうちは良いけど、

いう事をきいてくれなくなった時、子どもをコントロールしたくなる。

ありのままの子どもが認められない。

 

いつのまにか、条件付きでしか認められなくなってる。

 

でもね。

それって認めて欲しいのは、本当は自分なんだよね。

 

子育て頑張ってる自分だったり、

自分が幼少期に、満たされなかった気持ちであったり。

 

子どもは、1人の人間として生まれて来てくれた。

私を選んでこの世に来てくれた(この内容については、後日ブログにUPしますね)

自分自身ではないんだよ。

 

まずは、ありのままの自分を認める。

自分の酷いと思う発言も、ずるい所も、弱い所も、負けずぎらいな所も

全部『いいよ』を出してみる。

 

そしたらね

 

自分の魅力が溢れてくるよ。

いつの間にか、子どもの心を満たせるママになってるよ。

子どもの足りない所ではなく、今ある物に目がいくようになるよ。

 

今日も条件付きの認めるだった私...。

 

それを感じたら、何が伝わったら良いのか

私が大切にしたい物はなんなのか、考える時間になった。

 

条件付きの承認が悪い訳ではない。

 

ただそこには、大切な想いを伝えるチャンスがあるだけ...

本気の怒りは、本気の愛を伝えるビッグチャンス!!

めっちゃ怒ったときは、ビッグチャンスに変える

山本亜矢です。

昨日、夕方にお友達のバレエの発表会を観に行く予定が、

外出していて帰ってみると、やってる筈の宿題もピアノの練習も出来て無くて、

「これでは、ママ行けないと思うよ」

そう言うと、長女は急いで宿題をやり始めた。

次女は、

「行くの!!」

と怒りだした。

 

「しょうがないよ。やる事はやっておかないと、、、。明日ピアノなのに、、、ピアノの練習してきますって、先生と約束したんでしょ」

 

「でも、バレエの発表会観に行きたいもん!!」

 

「そんな事言うんだったら、なんで練習しておかなかったのよ。今までも時間は沢山あったやろう?」

 

私も、段々冷静でいられなくなってきた。

 

次女は、とうとう泣き出した。

 

泣いて何かの要求をした時は、それがどんな理由であれ要求は通らないというのが我が家のルール。

 

それは、主人と私が一番気をつけている事。

 

「泣いたら、行けるものも行けなくなるよ」

 

次女に忠告するが、もう聞ける状態ではない。

 

「バレエ行きたいー!!」

 

泣き叫びながら、ピアノの椅子をバンバン叩いている。

 

~That’s 3~

 

(インターで行っているThat’s 1,2,3方式)

 

注意を3段階で行っていき、最後は反省できる場所に行ってもらう。

 

参考までに...

 

暴力がでたら、一発退場。

 

次女の両脇を抱えて無言で、玄関に連れて行った(良いママは真似しないで下さい。That’s 3は反省する部屋に行かせて下さいね)

 

それを見た長女が後ろから私を攻撃!!

 

「なにしてんのよママ!!」

 

いや、That’s 3なんやけど...

 

「そんな事していいと思ってんの!!」

 

長女も大泣きしながら私の腕を叩いている。なぜか長女は、次女が無理矢理That’s 3されると、必死に守ろうとする(汗)

 

気付けば、ヨチヨチ歩きの三女まで来て、長女の足下で大泣きしている。

 

あかんと思いながらも、何故か笑えて来た。

 

(本当は、良い子ちゃんだった長女が全身でぶつかって来てくれるのが嬉しい私)

 

 

「ママは酷すぎる!!」

 

地団駄を踏みながら宿題に戻る長女。

 

 

何故か、ビデオを取り損ねたと悔しがっている主人...

 

 

取りあえず、泣いている三女を抱きかかえ、寝室に籠る私...

 

 

次女のピアノの音が聞こえてきた。

 

 

その後、長女が音読聞いてと、寝室に入って来た。

 

 

やる事は終わった。

 

 

よし、行くか!!

 

 

めっちゃ、遅くなったけど、お友達の出番には間に合いそう。

 

 

急いで準備して、いざ会場へ。

 

 

次女は、途中でシクシク泣いていた。

 

 

喉が乾いたからと言っていたけど、ジュースを一本飲んだ後だった。

 

 

帰ってから、聞いてみた。

「バレエのとき泣いてたのは、もしかしたらその前の事を思い出したからじゃないのかとママは思ったんだけど...」

 

 

次女は無言で頷いた。

 

 

 

~一夜明けて~

 

私は次女とお話がしたくてうずうずしていた。

 

とにかく場所をセッティング♪

 

長女は学校で、インターはお休みなのでチャンス。

 

約束していた本屋に行く前に、行きたい所に行こうと誘ったら、パンケーキが食べたいと言い出した次女。

 

チャンス!!

 

待ってる間から、お話スタート

 

「昨日、玄関に連れて行かれてどんな気持ちだった?」

 

「悲しかった」

 

「何が悲しかったん?ママに嫌われたかと思った?」

 

「ううん、だって私はパパとママの宝物でしょ」

 

「そうだね(笑)じゃぁ、どんな風におもったの?」

 

「ごめんね、って思った。ピアノ練習してなくてごめんって思った」

 

「ママは、練習してなくて怒ったんじゃないよ」

 

「うんうん、それは分かってるよ。でも、ごめんねって思ったの。だってピアノ習う為にお金払ってくれてるでしょ。それなのに私練習してなかったから、もったいないでしょ」

 

「そっかぁ、そう思ったんだね。ママが伝えたかった事はなにか分かる?」

 

「うん、泣いてバンバンしたからやろう」

 

「そうだね、ママはどうやったらうまくいくか、考えれる子になって欲しいねん」

 

「分かってるよ」

 

「次は、どうする? やると決めた事をやってなくて、ママにやりたい事をダメだと言われたとき...」

 

「やる事やってから、もう一回きく!」

 

「うん、そうなれたらどんな気持ち?」

 

「やったぁ!!って思う」

 

「うん、ママは沢山やりたい事やって欲しいよ。もう一つ、とっても大切な事言っても良いかな?」

 

「うん、いいよ」

 

「ママがどんなに怒っても、ひーちゃんが宝物なのは変わらないから」

 

「うん、分かってるよ♪」

 

次女は照れて、出て来たココアをすすり始めた。

 

 

きっとこれも、子ども達にとって忘れられない出来事になるんだろうなぁ。

 

愛しているからこそ、冷静ではいられない。伝えたいことがある。

 

本気の怒りは、

 

本気の愛を伝える

 

ビッグチャンス

 

なんだと思う。

生意気言われて腹を立てたときはブログを書くと良いみたい

生意気言われて腹を立てたときはブログを書くと良いみたい

怒りMAX!!

 

山本亜矢です。

朝から長女の反抗的な態度が気になる。

次女が残り少しのドレッシングを使い切ってしまった時も、

「なんで私の分とっておかなかったのよ!!」

怒っている長女の姿を観て

 

モヤモヤする私...

「ママには、さーちゃんが自分の事しか考えられないように見えるよ」

声をかけるが、ムスッとしたまま。

最近の長女は、こんな態度が多い。

三女を寝かしつけ、ようやく掃除を開始しようと、

「さぁ、ミーティングしよう!!」

と言うと、

「えぇーーー!!」

と怪訝そうな顔。

一人で掃除し出すと、

「私の折り紙なんで捨てんのよ!!」

怒りだす!!

とうとう、私の導火線にも火がついた。

「片付けてないから、片付けてるんやん!!
捨てられて困るんだったら、自分で片付けなさい!!
なんでママが毎回あなた達の散らかした物を片付けないといけないのよ!!」

さてさて、ここまで書きながら少し冷静になってきた。

まず、私は長女の何に腹がたっているんだろう?

自分の目線でしか、考えられないこと

 

はいそれは、そっくりそのまま、自分に向けられたメッセージ。

子どもは、私自身が自分の嫌だとおもっているところを見せつけてくれる。

自分の目線でしか考えられない

そんな自分が嫌なんだな、私、、、。

そのまま味わう。

自分からの目線だけしか考えられない自分が嫌。

うんうん、相手がどう思うか、それを同時に考えれる人でありたいんだな私、、、。

私はどんなところが自分だけ目線だった?

自分のタイミングで掃除を始めようとしたこと。

そっかぁ、子どもはもしかしたら夢中になっていることがあったのかもしれない。

あぁ、そういえば折り紙してたなぁ。

それを捨てられて腹がたってたのかなぁ。

じゃぁ、私はどうなりたい?

なんでも話できるお母さんでいたい。

よし、何に腹がたったのか聴いてみよう。

 

 

 

子供部屋を覗いたら、長女は洗濯物を畳んでくれていた。

 

 

「洗濯物畳んでくれてありがとう。ママ、お話したいんだけどいいかなぁ?」

 

「うん、なに?」

 

バリバリ警戒態勢の長女...

「ママね、さーちゃんがママに腹を立てた様に見えたんだけど、なんでか教えて欲しいの」

 

「え? それは、私がやっている折り紙を捨てたからだよ。」

 

「うん、そうなんだね。ママはその前からさーちゃんはママに怒っている様に感じたんだけど...

 

ママがミーティングしようと言ったとき『えぇーーー!!』って言ってたよね。その時はどんな気持ちで言ったの?」

 

「私、もう少し後でしたい。今はこれがしたいって思ってたの。」

 

「そっかぁ、もしかしたらそうだったんじゃないかと思って、聴きに来たんだ。

 

次はどんなふうに声をかけたら、よし、一緒にお片づけしよう!って気持ちになるかな?」

 

「あと、何分でミーティングしようって言って欲しい」

 

「うん、分かった。次からはそうするね。お話してくれてありがとう。」

 

 

すっかり、機嫌を良くした長女。

 

 

今度はふざけすぎて、次女と喧嘩。

 

 

でもなぜか、笑いながら2人ともすぐ仲直り。

 

 

そして私も一つ、また成長

 

 

ワクワクが止まらない

ワクワクが止まらない

上手くいくと、調子にのってしまう

お調子者の

山本亜矢です。

前回のコーチあやになんでもきいてお茶会(あやキラサロン)で、沢山のありがたいお言葉を頂いて、

お茶会ひらいて自分が満たされた

あぁ、私の知識も役に立つやん!!

あぁ、こんな風に伝える事って良いかも

そう思いながらのぞんだ、次の日のスマイル塾。

テンションあげあげの私は、なんとなく突っ走り気味?!

終わった後、いつもの自分じゃなかったなぁと思ってた。

アシスタントからのあたたかいフィードバックも貰って自分が気付けたこと。

それは、私が大切にしたいことが

『聴く』

だということ。

答えは、ママひとりひとりの中にあるということ。

自分の知識が豊富になってきて、お伝えしたことで喜んでもらえる。

そうなると、自分の根底にあったマインドを見失いかけてしまうということ。

おろそかになってた『聴く』やっぱり大切にしたいなぁ

そう思っていたところで、

久しぶりに会えたYUKAPICAのゆかさん。

アメリカ、シリコンバレーでのビジネスプランを発表するツアーから帰ってきたゆかさん、沢山の経験をされたゆかさんは、とってもキラキラしていた

そのゆかさんが、言ってくれたこと。

「あやさん、私ね、帰りの飛行機の中でずっと考えてたの。

あやさんは、何が凄いんだろうって、、、

あやさんが凄いのはね、共感力だよ。

それはね、誰にもまねできないの。

話を聴きながら、先に泣いてしまうくらい、その人の気持ちに寄り添えるの。

それは、あやさんの強みだよね!!」

そんな風に思ってくれてたんだ。
なんだか胸が熱くなった。

本当に私は周りの人に恵まれている。

沢山の人達が、私を大切に扱ってくれる。

本当に、本当に有り難くて幸せいっぱいです。

本当にありがとう!!

そして、この一週間、私に出来ることはなんだろう?

そして、私がやりたいことはなに?

ずっと問い続けた。

私がやりたいこと、それは、

キラキラ✨するママ達を応援したい!!

幸せな形は人それぞれ、答えはその人の中にある。

人は自分を認めて、自分を愛せて、自分を信じた時、自然にキラキラ✨するんだなぁ。

私、そんなママの応援がしたい!!

ヤバいです!!

そんな事考えてたらワクワクが止まらない

よーし、そろそろ動き出すかぁ

長年苦しんだ上の子との関係

長年苦しんだ上の子との関係

ゆっくり自分の心と対話してます

山本亜矢です。

昨日、今日と特に大きな予定もなくお家の事をしながら、自分の心と向き合ってます。

昨日から、長女の一言にモヤッとしたこと、二度。

ひとつは、昨日長女のピアノのレッスンがおくれそうだから、慌てて準備していた時、

制服を早く着替えるように急かしながら、私はおやつをバックに詰めて、、、

そんな中、

「ねぇ、私お腹空いてんのに、おやつ食べずに行かなくちゃいけないの??」

不機嫌に言ってくる長女にイラッ

ふたつめは、今日の朝、
「水筒のお茶が熱いから少し氷入れておくね」

と言った後、

「えーー!!なんで、、、、」

あ、私、心のシャッター降りてたわ
この時、えーー!!の後なんて言ったのかきいてない

因みに昨日のピアノのレッスンのとき、先生の説明の時に、違う事に気をとられてて、軽くはたかれてた。

とりあえず、呼吸整えて、私の心が落ち着いたから聴く

「ねぇ、昨日なんで先生に怒られたんだと思う?」

「話聞いてなかったから、、、」

「話きいてなかったらどうして、怒られるの?」

「先生の言ってることが分からないから」

「どうして先生の言っていること、分からなくちゃいけないの?」

「そうじゃないと、上手になれないから」

「じゃ、先生はどうして怒ったの?」

「私に、上手になってほしいから」

「うん、ママもそう思うわ。
先生はあなたに上手になってほしいって強く思ってくれてるから、怒ってくれたんだね。

じゃぁ、ママはどうして怒ったと思う?
昨日、ピアノに行く前と、さっき」

「、、、、」

長女の目が涙でいっぱいになっていた、、、

「なんで泣いてるの?」

「なんか、自分の事が悲しくなった」

「そっかぁ、自分の事が悲しくなったんやね。

ママもあなたがやりたいといって、頑張ってるピアノ上手になってほしいから、ピアノ連れて行ってるよ。

お茶も熱くてやけどしたら悲しいから、少し氷入れとこうかと思ったよ。」

「うん、ママぁ

涙いっぱいの目でこっちをみてる長女、、、

「ぎゅって、しようか

うん、、、

頷いて、抱きついてきた。

「ママの愛、伝わった?

大好きだよ

今まで、沢山の引っかかりがあって言えなかった言葉、、、
心から言えたと感じたとき、私の目から大粒の涙が溢れてきた。

あぁ私、ようやく自分にオッケイが出せたのかもしれない、、、