自信タンク理論を使うときのポイント | 株式会社ayakira

なんで私ばっかり!!はなぜおきる?

なんで私ばっかり!!はなぜおきる?

今日は、お友達にありのままの自分を認めてもらって

自信タンクフルフルの山本亜矢です。

昨日のお友達のお家での出来事。

 

お友達のお家で楽しく遊ばせてもらって、お片づけの時間。

 

終わった頃に、長女が何やら話したげ,,,

 

 

「どうしたの?」

 

「どうして、あの子達が散らかしたものを、私が片付けなくちゃいけないの?」

 

片付け終わった長女が私のところに言いに来た。

 

まだ片付け途中だと思っていた私は、

 

「そう思うんだったら、伝えてみたら?」

 

そう言ったが、

 

「伝えてもやってくれなかったの」

 

「そっかぁ、じゃぁ、あなたはどうしたいの?」

 

「もう、いい!!」

 

「そっかぁ、もういいんだね」

 

 

そう言って、その場では話を終了。

 

 

 

その後、寝る前に誰が部屋の電気を消すかのジャンケン。

 

負けた長女は

 

「なんで私ばっかり!!

 

怒りながら消しにいった。

 

 

さてさて、寝る前のコーチングタイム♪

 

「ねぇ、さーちゃん、私ばっかりって思うとき、心はどんな状態?」

 

「えー?? うぅーん、自信タンクが減ってるの

 

「そっかぁ、自信タンクが減ってるんやね」

 

「ママが、私を褒めてくれないから自信タンクが減ってるんだよ」

 

「そっかぁ、ママに褒めてもらいたいんだね。褒めてもらえたら、もちろん自信はわいてくるけど、自分で自信タンクを満たすにはどうしたら良いと思う?」

 

「自分の気持ちを大切にする」

 

「うん、凄く大事な事だね。今日のお片づけの時は、どうすれば自分を大事に出来たかなぁ?」

 

「お片づけしなかったら良かったかなぁ。正直あれは面倒くさいから嫌だったんだよね。他のお片づけすれば良かったかなぁ、いや、お片づけしたくなかったらしなかったら良かったかなぁ...。

 

でもねママ!!お片づけを皆でしてる時に、しないのは私の自信タンク減りそう!!」

 

「そう、お片づけしないのは、自信タンクが減るんやね

 

ママね、そうやって考える事の出来るさーちゃん凄いと思うよ」

 

「えへへ、でもね、私どうしたら良かったのか、分からない」

 

「ママはね、さーちゃんに、最初は嫌だなぁと感じた事も、楽しみながら、チャンスに変えれる子になって欲しいと思ってるの。」

 

「シンデレラみたいに?」

 

「あぁ、そうだね。シンデレラは屋根裏部屋でも動物達と楽しくしてたもんね。

(今思うとチャンスに変えるは、もしかしたら長女は違う意味だったのかも...)

同じ事でも、私ばっかり嫌な思いすると思っているのと、なんでも楽しんじゃおうと思うのとでは、どっちが良いかなぁ」

 

「楽しんじゃう方がいい!!」

 

「じゃ、次は皆のお片づけする時にどうしたい?」

 

「皆のお手伝い出来ると思って、楽しんじゃう!!」

 

「うん、そうだね。そう思えない時はどうしよう?」

 

「そう思えない時は、自信タンクが減っている時だから、自分の気持ち大切にする。無理してやらない」

 

「おぉ!!やるねぇ。ママは、ついこの前その事に気付いたんだよ 無理せず、頼れるお友達や仲間がいたら素敵だね」

 

 

自信タンク理論、意外と使いこなしているのは長女だったりする